かわいいイラストの描き方:簡単なねこの描き方

この講座をみれば、絵が苦手な方でも簡単にねこが描けるようになります!

どういう風に描いたらいいのか、簡単な理屈を覚えてしまえばいいのです!

子供に何か描いてと言われたときや、

メッセージに簡単なイラストを付け足したいとき、

手帳やノートをかわいく飾りたい時などにオススメです(*´∀`*)

ねこのパーツは主に

耳、輪郭、目、鼻、口、ヒゲになります。

画像に大まかなねこの輪郭の種類をあげています。

全部描けるようになるのもすぐですが、とりあえず一つかければ、問題はありません。

まずは左上のシンプルなねこから練習してみましょう。

基本の描き方

輪郭

ではまず輪郭の描き方について、

画像のように横長の丸から練習してみてください。

丸を綺麗に描けるだけで、色々なイラストが上手くなります。

人は右から左、左から右に線を引くのも実は真剣に書くと難しいのです。

文字を書くときのクセが残っているので、斜めになりやすくなるのです。

目と口と鼻

目と鼻だけの場合は、まず基本三角の中におさめる。

目と口の場合は四角におさめる。

これだけで、バランスよくかけます。

なれたら、三角や四角をくずしていってオリジナルの顔を描いてみましょう。

目と口のアレンジ

先程いった、くずすというのは

目の近さをかえたり、パーツをすこしアレンジすることです。

おひげ

これは書く場所、書く本数の違いくらいです。

ねこのキャラによってはグニャグニャにしたり、長さを変えてもかわいいかとおもいます。

からだのかきかた

ここからが今まで嫌になってきた方も多いかと思う、からだのかきかたです。

今回の記事をみていただければ、簡単にかけます!

是非覚えてみてください。

正面は台形をイメージ

よこむきは丸に台形がくっつくイメージ

座ってるのは円を四当分するイメージ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

きつねめんのライフハック

こちらで動画でイラストの描き方を紹介しておりますので、よかったら参考にしてみてください。

ちょっとしたイラストの描き方から、本格的に描きたいなと思っている方向けにも

いろいろな種類をあげています。

よかったらチャンネル登録お願いします🤲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です