妊娠線を予防するには?妊娠しても体を今のまま保ちたい方必見!

・妊娠線について

妊娠線とは赤ちゃんの成長などに対してよって大きくなるお腹に対し、皮膚の中でも伸びにくい真皮と皮下組織が伸びに耐えきれず亀裂が入ってしまいます。

その亀裂に毛細血管が透過して見える線が妊娠線です。


・妊娠線は基本的に消えません!

できてしまった場合はきちんと保湿し肌のターンオーバーを繰り返せば少しは薄くなるかと思います。

できてからではなく、できなくすることが大事です。


・妊娠線を予防するには。

一番は急激な体重増加を防ぐことです。

皮下脂肪が増え皮膚の伸びにつながります。

無理のない程度に運動をしていきましょう。

次に保湿クリームを塗りしっかりとした柔らかい肌を作ります。

優しくボディケアをして、伸びに強い肌を作りましょう。


・お腹の真ん中にできるのは正中線

実は正中線はうまれながらにあります。妊娠することでホルモンバランスが崩れることで濃くなりますが、出産後は自然ともとの状態に戻っていきます。

妊娠線は赤くひび割れのように入りやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です