骨折(疑いも含め)した時の応急手当

判断

骨折の疑いがある場合は、骨折しているものとして手当てします

 

骨折の症状

激しい痛みや腫れがあり、動かすことができない

 

骨折に対する応急手当

固定することで、移動、動揺によっておこる二次的損傷や症状悪化を防止し、苦痛を和らげ搬送を容易にするために行います。

添木や添木になりそうなもの(雑誌、重ねた新聞紙、段ボールなど)を準備します。

骨折部位の上下の関節が固定できる長さのものを使用し、三角巾などを使って固定します。

固定は傷病者に知らせてから実地し、顔色や表情を見ながら行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です